「いただきます」

「ごちそうさま」

は、最高の瞑想法です。

 

この瞑想、少し深めてみましょう。

 

まず「いただきます」のとき、

お食事に少し手をかざし、

これから頂く食べ物や飲み物に

「私の栄養になってくれてありがとう」

と伝えましょう。

 

できれば目を閉じて、

ほんの数秒でも

目の前のお料理がカラダに入っていき、

カラダや心が元気になるイメージしてみましょう。

 

食べる前に忘れてしまったら、

食べている途中でも大丈夫。

一度手を止めて、

お料理に感謝の気持ちを伝えましょう。

 

 

「ごちそうさま」のときも同じように

目を閉じて、

いただいたお食事が、

必要なものがしっかり消化され、

血となり肉となるイメージをし、

再度「私の栄養になってくれてありがとう」

と感謝の気持ちを伝えましょう。

 

毎日の積み重ねで、

​カラダが内側から感謝で満たされていくのを感じられたら

素敵ですね☆