毎朝の通勤通学、駅までの道、

お買い物に行く途中など、

歩く時間に瞑想を取り入れてみましょう。

 

ここでは、歩く瞑想を3種類ご紹介します。

◆マインドフルネス歩く瞑想◆

一歩一歩、足の動きに集中します。

 

”足の動きに集中”、とは、

「今右のかかとがついた」

「つま先が地面を離れた」

「左かかとがついた」

など、

まるで自分を少し上の世界から眺めるような感じで

みていくことです。

◆呼吸に集中する、歩くダイエット瞑想◆

おなかまでしっかり息を入れ、

吐くときには、お腹をへこませて吐ききります。

いわゆる、腹式呼吸を行い、

意識をそこに集中させます。

この呼吸はかなりエネルギーを消費するので、

ダイエット効果も期待できます。

◆マントラ瞑想◆

歩きながらマントラを唱えます

「ありがとう」

「私は元気」

「私は軽い」

など、実現したいことを唱えたり、

自分で言ってみて明るい気持ちになれることばを

選びましょう。

★何かを考えながら歩くのではなく、

歩くことそのものや

呼吸そのもの、

またはマントラに集中する。

 

そうしているうちに、

インスピレーションが降りてくるかもしれません。